自殺したい、死にたい、それでも生きたい。過労で悩むあなたの味方『戦友』になります。秋田県秋田市で人生の勉強会を開催しています。

メッセージ 【やっぱり、生きたいじゃないですか】

人生の勉強会

こんにちは。人生師の高山待心と申します。
「人生の勉強会」の代表を務めています。

私は今まで三度自殺したいと思ったことがあります。
特に三度目は34歳のときで、過労が原因でうつ病を患い、長期休職中で、深い自殺願望に囚われたのでした。
自殺したい、死にたい、でも、やっぱり生きたい。
仕事を辞めたい、でも辞められない、家族からも反対される、でも辞めたい、辞めて自由になりたい。
そんな堂々巡りの中で、人生の未来がまったく見えなくなり、自殺しようと思ったのです。
「死ねば楽になれる」という死神の甘美な歌声に悩まされました。
そんな中でも、応援してくれる友人もいて、そんな友人は私と一緒に戦ってくれました。
私は助けられ、生き延びました。そして、仕事を辞め、波乱万丈の果てに、今日までたどり着くことができました。

自殺したい、死にたい、でもやっぱり生きたい。
それが人間の本音です。
本当は生きたいのです。
では生きようじゃないですか。生きて生きて生きまくろうじゃないですか。

私があなたの戦友になります。
仕事を続けるべきか辞めるべきかは分かりません。
けれども、死ぬべきか生きるべきかと問われれば生きるべきです。
仕事のために生きるのではなく、生きるために仕事をしよう。

生きるために、一緒に人生について勉強していきましょう。
今日は地獄でも、いつか幸せになれると信じて。

2018年2月26日
人生の勉強会 代表
人生師 高山待心

自己紹介【高山待心プロフィール】

高山待心


高山待心は「たかやま・たいしん」と読みます。
1978年に秋田県秋田市で生まれました。男性です。
子どものころはいじめを受けていましたし、馬鹿な子と思われることが多かったように思います。それでも、勉強することで第一志望の高校に合格することができました。
しかし、幸せは長くは続かず、強迫性障害というこころの病を発し、アトピー性皮膚炎が大悪化。成績は急降下し、みんなからいじめられ、家族とも不仲になり、不登校気味になりました。そして、自殺しようと思いました。

その後、浪人した私は必死に勉強し、第一志望の大学の心理学科に合格し、新たなステップを踏み出しました。しかし、偏っていた自分の思想は仲間たちに受け容れられることなく、小説家になりたいと小説を書くも良い作品はまったく作れず、仲間たちからもそんな自分を受け入れてもらえずに私は孤独になりました。そして、深い深い孤独の中で、再びこころの病を発し、アトピー性皮膚炎も悪化。誰からも相手にされなくなり、私は再び自殺しようと思いました。そんな有様だったので、大学院受験に失敗し、就職活動もまったくうまくいきませんでした。

それから首都圏に移り住んだ私はそこで公務員試験の受験勉強に取り組み、とある役所の公務員採用試験に合格し、やっと就職が実現しました。しかし、幸せの女神はほほえまず、その役所では大変な長時間労働の嵐で、過労の連続でした。そして、クレーム対応に加えてパワハラや職場内孤立にも悩まされ、うつ病を発し、長期休職することになりました。
この休職時代は人生のどん底でもありました。家族とも仲が悪くなりました。四面楚歌の中で、自殺すれば楽になれるという死神の甘美な歌声に悩まされつつ、とある友人の力強い応援もあり、私は生きようと思いました。

公務員を退職した私は独立起業しようとするもうつ病の残滓もあってまったくうまく行かず、再就職しようと社会保険労務士の勉強に集中し、社会保険労務士試験に合格し、地元秋田に戻って再就職を果たしました。しかし、幸せの女神はまたもや私に肘鉄を食らわせました。その職場でも大変なパワハラに悩まされ、たった3か月で退職することになりました。

その後、私はとある精神障がい者就労支援施設の利用者になり、その施設で大変にお世話になりました。それからいろいろな人の手助けを借りて、再就職することができました。そして、やっと安定した時間を持てるようになりました。
休職してから今の職場に再就職するまで5年の歳月が経ちました。その間、私は事実上の無職状態でもありました。


そして今、私は40歳になりました。
今まで数多くの苦しみを経て、たどりついた境地があります。
自らたどりついた境地を生かし、人生を考え、人生を語り、そんな人生語りを通して、私が経験した悩みと同じような悩みを持つ誰かの苦しみの解決をサポートするような、そんな仕事をしたいと思いました。
「人生師」とは私が作り出した肩書です。人生を考え、人生を語る、そんな仕事です。

私は人の苦労話を聞くのが好きな性格でもあります。
過労に代表されるような、働く人たちの人生の苦しみを克服するべくみんなで勉強できる場を設けることができたらと思い、生まれ故郷である秋田県秋田市で「人生の勉強会」を始めることにしました。
子どものころから私は「やっち」と呼ばれてきましたので、気さくに「やっちさん」と呼んでもらえたらと思います。

それでも私たちは生きていく

どうかよろしくお願いします。

過労人生相談お受け付け中【無料・対面】

紅茶

対面による人生相談をお受け付けしています。
モヤモヤしているその胸の内をお聞かせください。
「過労人生相談」としていますが、過労以外のテーマでもご相談OKです。
あなたの人生の悩みを聞き、一緒に人生について考え、人生について思うことを語ります。

場所は秋田県秋田市内のカフェで行います。
時間は1回60分です。

料金は無料です。
私自身も勉強させていただきたいと思いますので、無料としています。
無料相談はおひとり様1回までとなります。
カフェのご自身のお茶代はご負担ください。

人生相談ご希望の方はメール(info@lifestudy.jp)にてご連絡ください。

人生の勉強会公式チャンネル放送中 公式ブログも展開中


YouTubeで動画を公開しています。
人生の勉強会公式チャンネル:
https://www.youtube.com/user/beniyamayuri

アメーバブログでブログも展開中です。
人生を生き抜くヒントをコラム形式で提供しています。
人生の勉強会公式ブログ:
https://ameblo.jp/ikirushiawase/

勉強会に参加してみませんか? 「人生の勉強会」メンバー募集【見学・体験参加歓迎】

コーヒー

「人生の勉強会」の勉強会に参加してみませんか?
一度だけの見学や体験参加も歓迎します。
ぜひ一度勉強会をのぞきにきてみませんか。

◆勉強会って何をするの?

代表高山待心が人生をテーマに語ります。
その後、みんなで質疑応答をし、ディスカッションをします。
ディスカッションはただ聞いているだけでもOKです。
勉強会は全体で1時間程度と見ていただけたらと思います。

◆勉強会はいつやるの?

月1回程度、日曜日に開催予定です。

◆勉強会はどこでやるの?

秋田県秋田市内の公共施設またはカフェで行います。
詳しい場所は参加者に別途お知らせします。

◆お金はかかるの?

参加料はありません。
カフェのご自身のお茶代はご負担ください。

◆参加希望だけど、どうしたらいいの?

メール(info@lifestudy.jp)にて、代表高山待心までご連絡ください。
折り返し、日程および会場についてご連絡します。

◆個人情報の秘密は守られるの?

個人情報の秘密は厳守します。
お預かりした個人情報は厳重に管理し、目的外への使用は一切行いません。

◆見学や体験参加はできますか?

見学、体験参加OKです。
ぜひお気軽にお立ち寄りください。

◆こういうのは初めてで、初心者なんですが・・・・・・

初心者歓迎します。初めての方大歓迎です。
勉強会というと難しそうにも聞こえるかもしれませんが、ぜひ気楽な気持ちでご参加ください。

2018年から始まった勉強会です。
フレッシュな気持ちで開催していきたいと思いますので、どうかよろしくお願いします。

お問い合わせ 【小さなことでもお気軽にお問い合わせください】

源五郎

 info@lifestudy.jp

何かありましたら、上記メールアドレスまでご連絡ください。
小さなことでも細かいことでも、ぜひお気軽にお問い合わせください。
あなたからのご連絡をお待ちしています。

更新情報・お知らせ

無料対面人生相談スタート、公式チャンネルスタート
「人生の勉強会」ホームページオープン

↑ PAGE TOP